子グマの姿に泣ける『ブラザー・ベア』 ~ディズニー・ピクサーアニメ紹介

スポンサーリンク

 


クマの姿に変えられた人間の物語

イヌイットの3兄弟、シトゥカ・デナヒ・キナイ。ある日クマに襲われたデナヒとキナイを守って、長兄のシトゥカが命を落とします。復讐のためにクマを追いつめて殺した末弟のキナイの前に、精霊になったシトゥカが姿を現し、キナイをクマの姿に変えてしまいます。

クマになったキナイは次兄のデナヒからキナイ殺しの犯人として命を狙われる身に。クマの姿になってもキナイのことがわかるシャーマンのタナナから「シトゥカのしたことには意味がある」と助言されたキナイは、母親を探している子熊のコーダに出会い、一緒に旅に出ます。

動物も人間も同じ生き物という考え方

イヌイットがそのように考えているのかはわかりませんが、クマに姿を変えた人間を受け入れるイヌイットの人々の姿には、生き物は皆同じように愛情を持ち、姿は違っても生命の価値は同じという思想が感じられます。クマが主役の奇抜なストーリーですが、ラストの展開には心を打たれる、心温まる感動ストーリーです。

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク