信じてなくてもやっぱり怖いディズニーランドの都市伝説

ディズニーランドは30年以上の歴史を持つテーマパーク。30年も開業しているといろいろなうわさも耳にします。誰も信じなさそうなものから、ひょっとしてあるかも・・・と思うようなものまで、さまざまなうわさや都市伝説を、信ぴょう性の高いものからいくつか紹介します。

DSC07872b

スポンサーリンク

 


1.「スペースマウンテン」の別コース

spacemountain1

スペースマウンテンには、12人乗りのロケットに乗ったゲストの総重量が安全基準をオーバーした場合や緊急の場合に備えて、別コースがあるそうな。通常は使われないコースで、別名「左コース」と呼ばれています。

ロケットの総重量はどこで計測しているかというと、スタート前にちょっと止まるところがあって、その時に測っているという話。総重量が重すぎて安全な運行に支障があると判断された場合は、こっそり左コースに誘導されてそこで下される、という仕組み。

この左コースは実際に存在し、体験したゲストもいるようなのですが、これに尾ひれがついた話があります。それは「幻の新コース」という話。

何年か前にスペースマウンテンのコースを2本立てにしようという計画が浮上し、現在のものよりもさらにスリリングなコースを設計し、一度は完成しました。ところがこの新コースは、ある理由で使用中止となりました。その理由とは・・・。

初めてのテスト走行ではライドにダミー(マネキン)を乗せて走らせるのが通例です。何回か試験を重ねて、問題が無ければ実際に人間が乗って走行させます。ところが、ダミー走行の際に事故が起こりました。どういうわけか、戻ってきたダミーたちのうちの先頭の一体の首がもげていたのです。

普通に考えたら原因ぐらい簡単にわかるはずなのですが、この事故の場合、調べても調べても原因がつかめず、しかも首がもげていたのはたった一度だけ。その後何度試験をしても二度と起こりませんでした。

結局原因がつかめないまま、新コースはお蔵入りとなりました。この新コースの一部が現在の「左コース」だという話です。

この他にも、スペースマウンテンには「事故や故障が多発した1980年代に、アトラクション内でお祓いの儀式を執り行った」という噂があります。その時に貼ったお札が今も天井一面に残っている、とか、「1990年代には事故や故障はピタリと無くなった」という話も・・・。

2.「ホーンテッドマンション」の幽霊話

hounted1

ホーンテッドマンションはハイテク技術を駆使したお化け屋敷ですが、クローズ後のキャストによる最終点検も決して1人では回らない規則になっているそうです。コンセプトがコンセプトだけに、いろいろなものが集まってくる場所だとか・・・。

まずは永遠に続いているように見える廊下の話。TDLのプレオープンの際に、ホーンテッドマンションを初体験したゲストたちにキャストが感想を聞いたところ、そのうちの何人かが「永久に続く廊下の奥で”おいでおいで”をしている手が怖かった」「廊下の奥で女の子が”おいでおいで”と手を振っているのがリアルだった」と回答したそうです。

ランダムに抽出して感想を聞いており、ゲスト同士のつながりはなかったとのこと。もちろんそのような仕掛けはオープン当初も現在もありません。

その後も長い廊下での予期せぬ目撃談はいくつかあるそうで、見える人には何かが見えてしまうという噂です。

また「本棚のそばでピノキオ人形を持った男の子が立っていた」という話や赤いハンドバッグをさげた女性とその家族」の話もよく聞かれます。

3.水場としての「スプラッシュマウンテン」

昔から水場には霊魂が集まると言われています。多少でも霊感があるキャストたちによると、スプラッシュマウンテンはかなりヤバい場所なのだとか。

「ふもとの木のベンチでカップルが2ショットを撮ると何かが映り込む」という話や、「キスをしながら滝つぼに落ちると、そのカップルは別れる」など、カップルを引き離すような話が多いのもスプラッシュマウンテンの特徴。

また、シャッターバグが撮ってくれているという「ライドが落ちる瞬間の記念スナップ」にも都市伝説が・・・。

このスナップ写真は、品のないポーズや規則上アウトな被写体が写ってしまった場合は公開も販売もしないことになっています。また、常識では考えられないようなものが写ってしまった場合にも・・・。ルールに反することは何もしていないのに写真が表示・販売されなかったという場合、ヤバいものが写り込んでしまった可能性が大です。

あまり良い気が集まる場所ではなさそうなので、デートで行く際はご注意を。

4.「カリブの海賊」と白い花

pirates1

一時流行った噂に、「カリブの海賊の白い花」の話がありました。スタートしてしばらく行ったライドが坂を落ちる辺りで、左手に見える窓ぎわに白い花が飾ってあるのが見えるとか。

その花はオープン前に事故で亡くなった作業員のための献花で、専属キャストが毎日欠かさず取り換えているそうで、この献花をする前は故障や小さな事故が頻繁に起きていたそうです。この献花はリニューアル後はゲストから見えない場所に移動したらしく、今は見られません。

コース中盤で海賊たちがドンパチしているシーンで、霊感の強い人には霊が佇んでいるのが見えてしまうそうです。火の海になっているにぎやかなシーンです。

また、これは東京ディズニーランドの話でありませんが、アナハイムのディズニーランドにある元祖「カリブの海賊」の地下には、冷凍カプセルに入ったウォルト・ディズニーが安置されているという噂がまことしやかに流れています。カプセルはカリフォルニア州のトランスタイム社(人体の冷凍保存を扱う会社)の製品だそうで、ウォルトが亡くなったセント・ジョセフ病院の霊安室に潜入したナショナルスポットライト(大衆紙)の記者が霊安室でカプセルを目撃したという記事を書いています。

5.「イッツ・ア・スモールワールド」の少年

smallworld1

「イッツ・ア・スモールワールド」には人形たちに交じって少年の姿が目撃されることがあるそうです。ピノキオの人形を持ったその少年は、ときには出口付近までゲストの後をこっそりついてきて、「もう行くの」「また来てね」と声を掛けてくるという話。聞こえる人には聞こえてしまうらしいので、よく耳を澄ませてみましょう。

※「イッツ・ア・スモールワールド」は2018年のリニューアルオープンの為に、2017年3月で一時クローズに。リニューアル後はかなり趣向が変わる予定なので、この少年が居続けるかどうかはわかりません。

6.「トムソーヤ島」を案内してくれる男の子

いかだに乗って渡る、ディズニーランド内の孤島「トムソーヤ島」。様々なしかけや遊び場があり、とくに小さな子どもたちに大人気のスポットですが、ここに大人が一人で行くと、島内を案内してくれる男の子に出会えるという噂があります。

実際に男の子に出会った人の話では、暗い洞窟の中で声をかけられ、クリスタルの隠し場所まで案内されたそうです。

この男の子に関する噂はいろいろありますが、スタッフが片づけても毎日同じ場所に置かれる小石の話や、男の子に関する悲しい過去の話なども耳にします。また、トムソーヤ島で過去に起こった事件が関係しているという人もいます。

7.「ビッグサンダーマウンテン」のコースを歩く人影

ビッグサンダーマウンテンに関わる噂として比較的有名なものが、「コース上を歩く女性と子ども」の話です。この話にはいくつかのバージョンがありますが、原因不明のエラーでアトラクションが停止してしまったことがあり、監視員が全てのモニターで異常の有無を確認していたところ、線路の上を尋常でない様子で歩く女性の姿が確認された、というものです。この女性の横には子どもらしき姿も見られ、監視員の目には2人が手をつないでいるように見えたと言います。しかもモニター内で2人の姿は忽然と消えたそうです。

この謎の人影については親子説が有力です。「白いワンピースを着ていて、はだしで歩いていた」とか「過去にビッグサンダーマウンテンで起きた事故の犠牲者がさまよっている」などという話も出ていますが、本当のところは誰にもわかりません。

ただ、どのアトラクションでも言えることらしいのですが、「原因不明で説明のつけようがないエラー」というのはよくあることだという話です。


ディズニーランドにまつわる怖い系のうわさや都市伝説は他にもたくさんありますが、そういう話を信じるも信じないも人それぞれです。「夢が壊れる!」などと気にせず、それだけ噂の種になるテーマパークなんだな、ぐらいに聞いておきましょう。噂が流れるということは、注目度を測るバロメーターでもあるわけですから。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク