劇団四季『アラジン』開幕!年内はチケット完売で来年6月以降の延長が早くも決定

劇団四季の最新ミュージカル『アラジン』が5月24日に開幕しました。『美女と野獣』、『ライオンキング』、『アイーダ』、『リトルマーメイド』と続いてきた”四季版ディズニーミュージカル”の第5弾ということで、ファンにとっては待ちに待った舞台のスタートです。

すっかりおなじみのストーリーと音楽を、舞台で生声・ダンスで楽しめるとあっては、ファンが殺到するのも無理はありません。

また、映画でカットされたエピソードなども加えられているというその内容への期待も大きく、年内のチケットはすでに完売。開幕前のチケット販売総数としては、歴代最多の21万4000枚を記録したという前代未聞の大人気を受けて、2016年6月1日(水)~12月31日(土)の公演延長が早々に決定したとか。7月26日から(四季会員は20日から)の予約受付開始にも、申し込みが殺到しそうです。

→『アラジン』公演スケジュールはこちら
劇団四季はハードな練習でも有名ですが、今回のアラジンはかなりの完成度らしいです。映画の世界をそのままに、躍動感あふれるダンスシーンの連続で息もつけないとか。体力・スタミナ自慢の劇団四季にしかできない迫力だとのこと。

ちなみにアラジン役の島村幸大さんは猛稽古で体重が8キロ落ちたという話。

また、施工に3か月かかったという舞台装置も、大道具が電動で入れ替わるハイテク仕様。総曲数18曲にも及ぶ楽曲の中には、原作アニメに流れる数々の名曲を手掛けた作曲家のアラン・メンケン氏が舞台のために新たに作った曲も加えられているそうです。



これからチケットを購入しようという人は、観られるのが1年以上先になるかもしれません。でもあの『アラジン』が舞台で観られるのなら、1年先でも2年先でも・・・・。

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク