米ディズニーランドで無許可ロケ!トンデモ映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』が日本解禁。

ディズニーファンは観るのか観ないのか、アメリカでいろいろな意味で話題になった映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』の日本公開が2014年7月19日に決まりました。ホラー映画なのですが、ロケ地はなんとカリフォルニアの「ディズニーランド・リゾート」とフロリダの「ディズニー・ワールド・リゾート」で、しかもディズニー社に無許可で撮影という、確信犯的トンデモ映画です。

スポンサーリンク

 


ゲリラ撮影でパーク内が映りまくり

日本版の予告編も出てますが、海外予告の方が断然怖いです。予告編を見る限りでは、ディズニーランドが映りまくっていますし、ウォルト・ディズニー(銅像)もチラッと・・・。これが無許可とは、無茶な事をしたものです、ホント。

ディズニー社は「個人が楽しむ」目的で「他のゲストに迷惑をかけない」範囲での撮影については許可(黙認)していますが、映画はNGでしょうね。でもこの映画に対する公式コメントはまだ出ていないようです。

おとぎの国とホラーのギャップ

「悪いことは起こる、たとえ夢の国でも」という、いかにもねらってる感じのキャッチを付けての日本公開。

夢の国のイメージを著しく壊すようなスプラッター的な内容ならばディズニーも黙殺しなかったのでしょうが、そういう感じのホラーではないということでしょうか。見ていると何だか映画版『サイレントヒル』のようなダークな異世界の雰囲気がありますが・・・。

楽しいディズニーランドを舞台にホラーを撮ろうと考えるなんて、たいした想像力です。

ロケ地としては許可しないディズニーパーク

ディズニーランドやシーで撮影された映画なんて、日本でも例がありません。2013年12月に放映された日テレのSPドラマ「恋するイヴ」が唯一、ディズニーシーでの収録を許可された作品でしたが、日本ではゲリラ撮影なんて大それたことをやる監督は出てこないでしょう。それだけアメリカという国は大胆というか大雑把というか・・・、常識そのものが違うのかもしれません。

日本でも公開される『エスケイプ・フロム・トゥモロー』。せっかくだから観たいような・・・観たくないような・・・複雑な感じです。

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク