名作『アラジン』の”本当の主役”ジーニーの声優、ロビン・ウィリアムズさん亡くなる

アメリカの名優ロビン・ウィリアムズさんが8月11日に亡くなりました。心からご冥福をお祈りします。


ロビン・ウィリアムズさんといえば、ディズニーの名作アニメ『アラジン』でほとんど主役級に重要なキャラクターである”ジーニー”の声を担当した俳優・コメディアンです。『アラジン』はジーニーの爆笑マシンガントークなしではあれほどの大ヒットにはならなかったでしょう。最高に楽しいジーニーのトークや、『Friend Like Me』で披露した歌声が『アラジン』を何倍も楽しく印象深い作品にしてくれました。

ロビン・ウィリアムズさんは『アラジン』以外にも『フラバー』『オールド・ドッグ』に出演しており、ディズニー傘下のタッチストーン・ピクチャーズ制作の映画も含めるとさらに多くのディズニー関連作品に出演しています。

楽しくてやさしい雰囲気を持つ、ディズニーにふさわしい俳優さんでした。63歳という若さで伝説になってしまわれたこと、とても残念です。

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク