これぞディズニーらしい伝統的なこだわり。映画に隠された謎の暗号「A-113」とは?

みなさんはディズニー/ピクサー映画にたびたび登場する「A-113」という謎の数字を知っていますか?画像投稿サイトImgurに集められたディズニーの「A-113」シーン。そこにはディズニー/ピクサー映画に携わるクリエイターたちに受け継がれる伝統的なこだわりがありました。

ある時は堂々と、またある時は隠れるように、ディズニー/ピクサー映画のワンシーンにたびたび登場する「A-113」。登場する映画はかなりの数になります。

『モンスターズインク』

disney113-01

『カーズ』『カーズ2』

disney113-05disney113-04

『ファインディングニモ』

disney113-07

『カールじいさんと空飛ぶ家』

disney113-08

『WALL-E』

disney113-06

『トイストーリー』

disney113-02



この数字の秘密は、クリエイターたちがかつてアニメーションを学んだカリフォルニア芸術大学にありました。

disney113-09

大学には未来のクリエイターをめざして学生たちがアニメーションづくりを学ぶ教室があります。部屋の番号はA-113。そこで腕を磨いた若きクリエイターたちがディズニーやピクサーなどのアニメーションに携わり、自分たちを育ててくれた大学へ感謝の意を込めて、作品に「A-113」の文字を入れているのです。

こうしたこだわりや団結力こそが、すばらしい作品を生み出す力の源なのかもしれませんね。

(出典:imgur.com)

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク