SF映画並みのバーチャル空間をつくって仕事をしてるディズニー社ってやっぱりすごい!

ディズニーの美術・建築集団が集まる「ディズニー・イマジニアリング」では、スタートレックTNGのホロデッキのようなバーチャル空間を使って仕事をしています。驚きのテクノロジーをのぞいてみましょう。

スポンサーリンク

 


空っぽの空間に映し出される仮想現実

「The Dish」と名付けられた、何もない部屋です。

disney-01

計画中のアトラクションをコンピュータープログラムで部屋いっぱいに映し出します。

disney-07

センサーがいっぱいついた専用の帽子をかぶれば・・・・。

disney-04

中の人の視点の動きに合わせて映像も動くので、まるで本当にその場所にいるかのよう。

disney-06
アトラクションの増設なども、コンピューターでシミュレーションしながら計画を練ります。

disney-02

キャラクターの顔もプロジェクションマッピング

コンピューターを使って、アトラクション内のキャラクター人形の顔もよりリアルに。

disney-09
口の動きもなめらか。現在のオーディオ・アニマトロニクスたちに代わる未来の人形たち。

disney-10




1500人のプロフェッショナルが集まる「ディズニー・イマジニアリング」。彼らのハイテク技術がディズニーパークを支えています。さすがはディズニー、やってることのレベルが違いますね!
disney-03

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク