SW熱がさらに高まる予感!『スター・ウォーズ展』が4月29日から六本木ヒルズ展望台ギャラリーで開催

エピソード7の公開も年末に迫り、久々のスターウォーズ熱がぶり返しそうな予感の日本で、六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー内 スカイギャラリーで4月29日から開催されるのが『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』。現在は改修工事のために休館している東京シティビューその他ですが、4月29日はそのリニューアルオープンの日でもあり、スターウォーズ展で大々的にお披露目しようというわけですね。

star1
→『スター・ウォーズ展』公式サイト

この企画展は、東京展開催を皮切りに全国を巡回する計画だそうです。東京以外の者にとっては、近くに来てほしいと願うばかりです。

アート作品や、ライトセーバー・ブラスター銃などのプロップス、ジャバ・ザ・ハットやおなじみのドロイドコンビ、R2-D2とC-3POも展示されるそうです。また、お約束のダース・ベイダーも登場。屋上スカイデッキで一緒に写真を撮れるとか。

『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』は2015年4月29日から6月28日まで。数量限定の記念メダルとセットになった前売り券が3月16日より販売されています。まだあるかな。



エピソード7こと『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(J・J・エイブラムス監督)は、ディズニーによるルーカスフィルム買収後に初めて製作されるスターウォーズ。ディズニーとしても今後のディズニー版スターウォーズの命運を懸けた期待の作品です。続編のエピソード8も2018年の公開が予定され、既に監督もライアン・ジョンソンに決まっているとのこと。今後、国内宣伝もどんどん加熱していきそうです。

またしばらく続きそうなSW熱が、ファンにはとってもうれしかったりして。往年の3俳優であるマーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ハリソン・フォードが再登場するというのも、今から楽しみです。

このSW熱に乗って、ついでにTDLの「スターツアーズ」もリニューアルしてくれないでしょうか。2013年のリニューアル以降変わってないので、そろそろ目新しさが欲しいところですが・・・。あれって酔うし・・・。

スポンサーリンク

 


シェアする

フォローする

    スポンサーリンク