ディズニーランドで休憩したい人におススメの場所・アトラクション

東京ディズニーランドに行くと楽しすぎて張り切ってしまい、気が付くと足腰がガクガクになるほど疲れてしまっていた、というのはよくある話です。

一周回ると2キロ近くにもなる大規模なテーマパークですから、一日中歩き回っていたら何キロ歩くことになるかわかりません。

疲れを貯め込む前にこまめに休憩をとることは、楽しく遊び倒すために重要なことです。

今回はディズニーランドの中で休憩したい人のために、休憩できるアトラクションとおススメの休憩スポットを紹介します。疲れ切ってしまう前に休みましょう。

スポンサーリンク

 


休憩を兼ねて楽しめるアトラクション

ディズニーランドのアトラクションの中で、10分以上座ったままで楽しめるものは6つあります。おススメ順に紹介します。

第1位 カントリーベア・シアター(約15分)

ほの暗い屋内のシアターでカントリーウエスタンを聞きながらゆっくり休憩できることで有名な「カントリーベア・シアター」は、休憩施設としての人気ナンバーワンです。

夏涼しくて冬暖かい理想的な環境。しかもあまり混んでいません。空いている時に入ると、このアトラクションは「疲れたから少し休ませて・・・」というゲストのために用意されてたオアシスなのでは、と思います。

→公式サイト

第2位 ウエスタンリバー鉄道(約15分)

寒い季節は若干厳しいですが、風を感じながら蒸気機関車に揺られてのんびり過ごす時間を与えてくれるのが「ウエスタンリバー鉄道」です。

この鉄道に乗らないと見られないようなパークの風景が眺められるので、休憩するよりも、車窓の風景に夢中で見入ってしまうような感じです。

ゲストの目に触れないはずのバックヤードまでチラ見できるので、そういう点でも絶対おススメです。

→公式サイト

第3位 スティッチ・エンカウンター(約12分)

屋内シアターで座って見ているだけで済むアトラクションなので休憩を兼ねて利用するのに向いています。難点は待ち時間が長いことです。人気のアトラクションなので仕方ありませんね。

→公式サイト

第4位 蒸気船マークトウェイン号(約12分)

大型の蒸気船にただ乗っているだけのアトラクションなので、休憩に最適ともいえる「蒸気船マークトウェイン号」。これもウエスタンリバー鉄道と同じで、寒い時期は厳しいのが難点ですが、「燃える小屋」などマークトウェイン号に乗らなければ見られない景色というのもあるのでおススメです。

船内には座れる場所もあります。座ってしまうと外の風景は見られなくなりますが、休憩優先の場合は座ってしまいましょう。

→公式サイト

第5位 ミッキーのフィルハーマジック(約11分)

「ミッキーのフィルハーマジック」は3Dメガネをかけて見るスクリーンショー。館内は薄暗いので、映画館と同じくらい落ち着いて休めます。

→公式サイト

第6位 魅惑のチキルーム(約10分)

スティッチと鳥たちが共演する「魅惑のチキルーム」は、軽快なハワイアンを楽しむミュージックショーです。ゆっくりと座って鑑賞できるので、とてもよい足休めになります。

→公式サイト

第7位 イッツ・ア・スモールワールド(約10分)

延々と流れ続けるテーマソングが心地よい「イッツ・ア・スモールワールド」も座っているだけのアトラクションなのでおススメです。

2018年春まではリニューアルの為クローズしていますが、リニューアル後もライドに乗って流れていくシステムが変わらなければ休憩を兼ねたアトラクションとして利用できるかもしれません。リニューアル後はディズニーメドレーっぽくなるとか。楽しみですね。

おススメの休憩スポット(有料)

第1位 キャンプ・ウッドチャック・キッチン

ウエスタンランドの一角に2016年11月に新規オープンした「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」は、奥まったところに位置していることと、まだあまり知られていないことが幸いして、ランド内で最も空いているフードスペースになっています。

トムソーヤ島いかだの発着場の左先に見える巨大な丸太の輪切りのさらにその奥にあり、「ウッドチャック・グリーティングトレイル」とセットで「キャンプ・ウッドチャック・エリア」を構成しています。

カウンターでドリンクを買って2階席へ上がれば、パークの喧騒から離れてゆっくりと休憩することができます。ちなみにラムネードやホットジンジャーレモネードが人気です。ワッフルサンド等の軽食も食べられます。

→公式サイト

→Googleマップ

第2位 グランマ・サラのキッチン

クリッターカントリー内にあるレストラン「グランマ・サラのキッチン」は、ジャコウネズミのサラおばあさんが経営するお店だけに、まるで穴倉のような独特の雰囲気を持つフードスペースです。入り口だけ見るとほら穴のようで、入るのを躊躇するほど。

クリッターカントリーそのものがパーク内の一番奥にあることもあって、開業当初から比較的空いているレストランとして知られています。店内は2階建て構造で、照明を抑えた薄暗さもあって休憩するのに最適。眠くなってしまうこと請け合いです。

→公式サイト

→Googleマップ

第3位 トゥモローランド・テラス

ディズニーランド内で最も多い1470席を誇るフードスペース。トゥモローランドのど真ん中に位置しており、確かに混雑するのですが、それだけに回転も速いので座れる確率は高いです。

大人数でインパしているときなどは、コーナー席を一旦キープして交代で座っていれば、皆が集まる休憩ブース代わりに使えます。実際ここで休憩&荷物番をしているお父さんはたくさんいます。

どうしても満席の時は、隣のプラズマ・レイズ・ダイナー(590席)に行くのも手です。

→公式サイト

→Googleマップ

第4位 ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ

トゥーンタウンにあるフードスペース「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」はグローブシェイプ・ローストチキンパオなどキャラクターをモチーフにしたメニューを豊富に取り揃えた人気スポットです。トゥーンタウンなので子ども連れが集中しますが、430席用意されているので座れる確率は高めです。

→公式サイト

→Googleマップ

おススメの休憩スポット(無料)

第1位 トムソーヤ島のインディアンキャンプ

「トムソーヤ島いかだ」に乗ってトムソーヤ島へ渡り、サムクレメンズ砦の奥のそのまた奥にあるインディアンキャンプは、いつもたいてい空いているベンチがあって休憩におススメです。

ある意味隔離されている場所なので、行くのも戻るのも手間がかかります。でも近くのキャンティーンでドリンクも買えるので、休むことが目的で行くのなら、ここは本当に穴場的な休憩スポットです。

→Googleマップ

第2位 カントリーベア・シアターの待合室

カントリーベア・シアターは前のショーが終わって入れ替えになるまでの間、ゲストは広い待合室で待機しています。この待合室は休憩するのに最適です。冬でもヒーティングシートで暖かいため、座ったら最後、立ち上がりたくなくなるほどです。

前のショーが始まった直後に待合室に入れば、待ち時間プラスショーの時間で合計30分ほど座っていられることになります。30分座れるとかなり休まります。

第3位 ピクニックエリア(園外)

ディズニー公認の「お弁当を広げて食べてもいい場所」が、エントランスの外にある「ピクニックエリア」です。エントランスで再入園用のスタンプを手に押してもらって、一旦パークから出なければ利用できないため、使ったことがない人も多いと思います。でもここ以上に気軽で居心地のいい休憩所は他にはありません。

プランの中に最初から組み込むのは十分ありだと思います。お弁当持ち込みなら、節約にもなるので一石二鳥です。

→Googleマップ


休憩できる場所をしっかり把握しておけば、小さなお子さん連れや歩くのが苦手な人でもディズニーランドを快適に遊びつくすことができます。

パーク内に丸一日、12時間以上いるのですから、休むところは休まないと体力が持ちませんね。

スポンサーリンク

 


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク